相続と税金について

相続

相続について

相続と税金について

相続といえば、常に税金が付きまとうものだというイメージがあります。
日本の相続税が高いのかということについては、よく考える必要があるのでなんとも言えませんが、残された遺族のためにも相続税は安いほうが良いのではないかと思っています。
年老いた両親が亡くなり、ある程度自立した子供が残されたとしても親の遺産を活用することによって、新しい道が開けてくるということもあるのではないかと思います。
それを実現するためにも、遺産はできるだけ手元に残ってほしいものです。
税金という名目で国に収めるということは、正しい使い道をしてくれるのであればそれでもよいのですが、現状を見ていると国家機関が一番信用できないので、収めたくはありません。
相続税を安くしてほしいと思う人には、このような考えの人もいるのではないでしょうか。