財産分離と相続人の不存在について

相続

相続について

財産分離と相続人の不存在について

財産分離とは、相続財産と相続人の財産が混同しないように分離、管理、清算する手続きのことです。
財産分離には、相続債権者または受遺者の請求による第1種財産分離と相続人の債権者の請求による第2種財産分離があります。
財産分離は、民法941条以下に規定されてるものの、実際にはほとんど利用されていません。
これは、相続財産、相続人に破産原因があれば破産申し立てが可能であることによるものと考えられます。
相続人の不存在についてみていきます。
相続人の存在が明らかでない場合、相続財産は相続財産法人となり、相続人不存在確定手続がとられることになります。
なお、遺言者につき相続人は不存在であるが、その相続財産の全部について包括受遺者がいる場合には、その包括受遺者に相続財産が帰属することになるので相続人不存在確定手続はとられません。